CHUWI Hi10XR(10.1インチ 2in1 ノートパソコン) レビュー ~開封編~

2020年12月16日

…なんということでしょう。この記事、2020年の12月に下書きし、いおぶろぐ的には公開したつもりでしたが、下書きのままでした…。

というわけで、以下、2020年12月だと思ってお読みください…。

Hi10XR(本体+キーボード+ペン)のパッケージ

さて、11/11「独身の日」セール(と言いながらポチったのは12日でしたが)で、AliExpressのCHUWIオフィシャルストアから購入した Hi10 XR ですが、12月に入ってから受け取りました。中国からの便で3週間弱はまあ予告通りですね。

はい、中国からの荷物はだいたいこんな、大きな枕っぽい感じで届きますね。

外側の包装を剥くと、エアパッキンで巻いてあります。これも剥がします。

一番でかい箱が本体(タブレット)、下の小さめの箱がキーボード、右の白箱はスタイラスペンです。

MiniBook をBanggood から買った時はそうでもなかったのですが、今回はだいぶ衝撃を受けた跡が箱から見受けられますね😔 セール期間で業者もてんてこ舞いで、荷物の扱いが多少雑になるのはしょうがないんだよきっと、うん…

Hi10XRのキーボード

まずキーボードの箱を開きます。

フツーに「ノートPCのキーボード側だけ」って感じですね。予想以上にしっかりガッチリしています。

Hi10XRの本体

続いてタブレット側の箱を開ける…と、黒いスポンジの塊が。

中央に埋め込まれているのは説明書類を収納した薄い箱(箱と言っていいのかどうか)。

そして、この厚みのあるスポンジでサンドされて、タブレットが入っています。

まあ、フツーにWindowsタブレットですね。

タブレットを背面から見ると、平たい板ではなく、四辺がちょっと「落として」あるのがお分かりかと思います。少しでも「大きさ」を感じさせないように、ということでしょうか。単にデザイン的なものを狙ったのでしょうか。

で、何の前置きもありませんでしたが、タブレットとキーボードをドッキングした状態の重量を測定してみました。いおぶろぐ家のデジタルはかりで1046g!…1kgをわずかに超えてしまいましたが、持ち運びにはギリ許容範囲という感じでしょうか。

Hi10XRのペン

CHUWIはスタイラスペンをころころ変えるのですが、また新しくなりました。H7です。MiniBookのペンってH3じゃなかったっけ?短い間に数字が4つも上がっているのは進化なのか何なのか。

ただ、ペンについての詳細は、次回とさせてください。

パッケージ前面上部の「Powerd by」の表記、気になりますよね…。