リモートワークでトラックボールマウスを使い比べてみた エレコム ELECOM M-XT2URBK 編

リモートワーク用のデスクが狭いのでマウスじゃないポインティングデバイスを試してみよう、というシリーズです。とりあえず前回は手に付けるタイプのデバイスを試してみましたが無理でした↓

で、今回はマウスじゃないポインティングデバイスとしては即名前が挙がるであろうトラックボールを試してみます。

スタンダードなトラックボール

トラックボールの中でもスタンダードな、親指ボール型のやつ。USB有線接続のエレコム ELECOM M-XT2URBKです。

大きさ問題

Amazon箱開けてパッケージを見た瞬間「やっちまった!!!!😱」と思いました。なぜかというと巨大

小型化が進むマウス業界と比べたらマジ巨大。そして、いおぶろぐ用リモートワークテーブル(市販のいわゆる「サイドテーブル」)に載るのか?という切実な問題。

…なんとか載りました。キーボード左端はぎりぎり「足」が載ってるし、右端のトラックボールはテーブルからちょっとはみ出してるものの安定して載っており、なんとか使える。ふぅ。

操作感問題

今までトラックボールなるものを使ったことがなく、どんな操作感なのか想像もつかなかったんだけど…。

普通

まとめるとしたらこの言葉に尽きます。普通に使える、ということは大きな不満もないということで。

使い始めはちょっと違和感があった。具体的には親指での細かいカーソル移動が難しい。そう考えるとマウス+腕って凄い精度で動いてるんだな、と気付かされますね…。

そしてなぜこんなに大きいのかもわかりました。掌をきちんと本体に固定してやることで、親指の操作確度が向上するんですね。そのため、掌で覆うことができる程度の、それなりの「大きさ」が必要ということですね。

いおぶろぐとしてはジャストサイズだったけど、手の小さい方には逆に使いづらいかもしれない。そういう意味で、トラックボールとはマウスよりも大きさが操作感に直結するデバイスのように思えます。モバイルマウスのような小さいものでも、つまむようにして使えば案外使えちゃいますからね、マウスなら…。

まとめ

使っていけば、「普通」に使える程度には親指も慣れてくる。もう半年トラックボールで仕事してるので、普通も普通です。

でもやっぱり超細かい作業はマウスの方が楽なんだろうな、と時々思います。エクセルのセル幅を広げたいときとか。案外エクセルは細かい操作を必要とするんですよね、マウスだと気にならないんですけど…。

本体は(一瞬ぎょっとするほど)大きいけれど、マウスを動かす範囲に比べればずっと狭い面積で済むし、お絵描きのような超精度を要求される仕事ではなく、また、手の大きさが標準サイズであるなら、トラックボール、おススメです。