Gotogate からチケット代を回収できた話(4)~ついに返金!~

2021年夏、旅行サイト経由でLCC「ピーチアビエーション」の航空券を購入したものの、「まん防」発出を鑑みてキャンセル。
その後4か月経っても、航空券予約サイト ”Gotogate” からキャンセル分が返金されないため、クレジットカード会社の力を借りて問い合わせることにした。

…というところまで、記事にしました。
その続きです。

ついに返金?

2022/02/10

カード会社ホームページの、自分の支払一覧ページで、「往路チケット代から3600円引かれた値段」がマイナス計上された。
…これは「返金された」ってことだよね?
でも往路分だけなんだけど…。

2022/02/11

Gotogateへ送った「最後通告」の文章には、

2つの支払いをした
(paid **,***JPY and **,***JPY)

と書いたが、そもそもこの問い合わせフォームが、Gotogate「マイページ」往路分に紐づいたページなんだよね…。
だから往路分しか返金されていないのでは?
(向こうは内容なんてしっかり読んでないのでは?)

と考え、復路分の問い合わせフォームからも、同じ「最後通告」を送信した。

2022/02/15

カード会社ホームページの自分の支払一覧ページから、なぜかマイナス計上がなくなっている…😱
Gotogate側が返金を止めたのか、カード会社が「復路分が足りないぞ」と判断して一旦プールしているのか…?

2022/02/16

復路分について、「キャンセルされました」メールがGotogateから届いた。
…復路分に「最後通告」を送信しなければ、バックれるつもりだったのか?コレ…。

正式に返金!

2022/03/08

カード会社から電話。
往路について、3600円の手数料を差し引いた額がGotogateから返金されているが、それでもいいか?と確認された。
3600円をケチって本体を取り戻せないのもイヤなので、それでOK、と返答した。

(一旦マイナス計上されたのが慌てて取り消されたのは、この確認をしていなかったから…?)

復路については、Gotogate側が「キャンセルされていない」などとわけわからんことを言っているので、国際ブランド側からもう一押ししてもらう。それが行われるまで最長で4月半ばまでかかる。

結果にかかわらずもう一度連絡はする。
とのこと。

2022/05/10

カード会社から電話。

チケット代、(ほぼ)取り戻せた😀

3600円のGotogate側手数料×2(往復の予約分)を差し引いた額を振込予定とのこと。

2022/05/13

カード代引き落とし口座に設定している銀行口座への入金を確認した。

まとめ

  • 航空会社がLCC
  • 本来現金で払い戻しできない券種
  • 特例による、航空会社へ直接申請しての(Gotogateを通さない)キャンセル

というように、イレギュラー…というかマイナーパターンが重なったキャンセルではありましたが、だからといってそりゃないだろう…という感じの対応でしたね、Gotogateは。

そもそも、ピーチへキャンセルを申請したら、gotogate.com ドメインのメールアドレスから「払い戻し受付完了のお知らせ」というタイトルのメールが届いてるんですよ(2回目の記事参照)。
それなのに、当該航空券がGotogateの「マイページ」上でキャンセル扱いになっていなかった、という状況がそもそもどうなの?と思うわけで…。

Covid-19(コロナ禍)で旅行業界は特に痛手を被っている、という状況は理解していますが、だからといって不誠実な対応をしていい、とはならないと思います。

英語がバリバリできるのであれば、直接Gotogateの問い合わせ窓口に電話して交渉、というのが一番早いとは思いますが、それが無理、といういおぶろぐのような人は、クレジットカード会社を頼ってしまうのが一番無難な方法であると思います。

無難ではありますが、いおぶろぐがカード会社を頼り始めた2022年1月から数えても、丸々4か月はかかったので、焦らずやるしかないですね。
ですが、いおぶろぐのように4か月も待たず、とっととカード会社に「相談」してしまってよいと思います。

この一連の記事が、(Gotogateに限らず)代金が返金されずに困っている方々の参考になれば幸いです。